加点法で男性のいいところを見るようにしましょう » 紹介してくれる人に結婚相手の条件を伝え過ぎていませんか?

結婚相手の条件

結婚相手の条件がたくさんあり過ぎないですか?

「結婚したい」という願望のある女性なら、会社や趣味の活動などの自然な出会いだけでなく、誰かに相手を紹介してもらう機会もあることでしょう。

その際に相手がどんな人なのか全く知らないということはあまりなく、恐らく仲介してくれる人からは、「こんな人だけどいい?」とか「好みのタイプは?」と事前に確認を取られることも多いはずです。

理想の男性を考える女性
ここで、色々と好きなタイプを話してしまいたくなりますが、

「煙草を吸う人は嫌」
「年齢差は五歳まで」

などの自分の希望条件に忠実でありすぎると、自らの出会いの可能性を狭めてしまうことになりかねません。


あなたとお付き合いしてから煙草をやめてくれる人かもしれませんし、六歳上だけど自分と相性のいい素敵な人だった、ということもあり得るので、事前情報だけで会う人を限定するのはあまりお勧めできないのです。

とりあえずは会ってみないと、どういう人なのか分からないため、もし自分の希望条件に引っかからなかったという理由で、出会いを制限してしまうと、実はそれをカバーできるほどの魅力がある人だった場合、とても勿体ない行動だったということになります。

それでもどうしても譲れない条件があるなら、お互い時間とお金の節約になりますので、きっちりと事前に申し出ておきましょう。

運営者は私です!

運営者

独女が考える結婚について、情報発信しています♪